初任給が高い建設コンサルタント求人

建設コンサルタント求人TOP >> 条件別の建設コンサルタント求人 >> 初任給が高い

初任給が高い建設コンサルタント求人

せっかく建設コンサルタントに入るからには、高い年収を得たいと思うのは普通のことです。特に建設コンサルタントは激務であることで有名で、それに見合った年収を得られるのかは非常に重要といえるでしょう。建設コンサルタントは中途採用も積極的に行っていますが、やはりメインになるのは新卒の採用です。もし新卒で入社する場合、初任給が高い建設コンサルタントはいったいどこなのでしょうか。

初任給が高いと思われる建設コンサルタントの求人を探すためには、まず建設コンサルタントで働いている社員の平均月収がどのくらいかを知る必要があります。大手の建設コンサルタントだけでなく、中小もすべて合わせた建設コンサルタントの平均月収は31万円前後です。全国の平均月収が30万円前後であることを考えると、全国平均よりもやや高い程度であることが分かります。ただしこの平均月収には残業代や賞与が含まれていないので、実際にはもう少し高くなります。一方で建設コンサルタントの初任給の平均は20万円前後です。大卒の平均初任給もやはり20万円なので、およそ全国平均と同じくらいであると言えるでしょう。

ではどうすれば初任給の高い求人を見つけることができるのでしょうか。簡単に言えば、できるだけ大手の建設コンサルタントの求人を探すということです。というのは建設コンサルタントは大手、中企業、小企業の順番に平均年収も平均月額給与も高くなっているからです。大手の建設コンサルタントとして有名なのは日本工営、パシフィックコンサルタンツ、建設技術研究所、オリエンタルコンサルタンツ、八千代エンジニヤリングなどが挙げられます。こうした大手建設コンサルタントに絞って求人情報を探せば、初任給の高い求人を見つけられるでしょう。

さらに初任給の高い求人を探すための別のポイントは、自分が持っている資格を活用するということです。建設コンサルタントにとって有用な資格がいくつかあります。例えば一級建築士、測量士など土木・建設関係の資格です。資格保有者に対しては建設コンサルタントも手当てを増やすことがあります。中小の建設コンサルタントであっても持っている資格によっては初任給が高くなることがあるのです。さらに高専卒・大学卒・大学院卒といった最終学歴によっても初任給が変わります。もし求人情報を探す場合には、どんな資格・学歴が求められているのかも良くチェックしておくと良いでしょう。

建設業界の求人はココで探せ!人気の転職サイト!

  サービス名 利用料金 転職可能地域
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2014-2018 建設コンサルタント求人サイトランキング All Rights Reserved.