激務でない建設コンサルタント求人

建設コンサルタント求人TOP >> 条件別の建設コンサルタント求人 >> 激務でない

激務でない建設コンサルタント求人

建設コンサルタントと聞くと、きっと激務に違いないと思うかもしれません。確かにそのイメージは合っていて、建設コンサルタントで働いている人には非常に多く仕事があります。今では業務が多角化してきていて、それぞれの工程に人材がいるようになっていますが、それは非常に大きな会社の話です。そうでない場合には一人の社員がいくつもの案件を担当していて、しかもいくつもの工程を担当しているということがありますから、一人にかかる負担はかなり大きく激務になりがちです。加えて建設コンサルタントは仕事一つ一つの利益率が非常に低いので、多くの仕事を受注しなければならず、それも激務に拍車をかけることになります。そんな中で激務ではない求人はあるのでしょうか。

結論から言えば、建設コンサルタントであっても激務でない求人はあります。ただしそれは繁忙期を除いた場合です。繁忙期、特に年度末に近い1月から3月はどの建設コンサルタントでも激務です。残業が多くなり、深夜まで続くということも珍しくありません。インターネットでは年度末の建設コンサルタントは修羅場だといった口コミも多く見られます。通常は激務ではない建設コンサルタントでも、年度末には非常に忙しいということを覚えておきましょう。

年度末以外であれば、激務ではない建設コンサルタントも見つけることができます。というのは建設コンサルタントの業務は幅広く、忙しい分野もあればそうでない分野もあるからです。例えば建設工事の企画、計画、施工管理などは非常に忙しいですが、維持管理や運用になるとそれほどでもありません。中には6月くらいから10月くらいまでがあまりにヒマで大変という会社もあります。そんな時にはより有用な資格を取るために勉強に励むという社員の方も多いようです。11月くらいからはまた非常に忙しくなるので、時期に大きく左右される職種と言えるでしょう。

ではどうすれば激務ではない建設コンサルタントを見つけることができるのでしょうか。求人情報を見ても激務かどうかは書かれていないので、会社のホームページを調べるというのがポイントです。もちろん会社のホームページに「この会社は激務ではありません」などと書かれていることはありませんが、どんな仕事をしているのか、会社の理念は何かを調べるだけでもおおよその概要を知ることができます。例えば運用やメンテナンスをメインに行っている建設コンサルタントであれば、激務ではない可能性が高いと言えるかもしれません。

建設業界の求人はココで探せ!人気の転職サイト!

  サービス名 利用料金 転職可能地域
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2014-2018 建設コンサルタント求人サイトランキング All Rights Reserved.