転勤なしの建設コンサルタント求人

建設コンサルタント求人TOP >> 条件別の建設コンサルタント求人 >> 転勤なし

転勤なしの建設コンサルタント求人

建設コンサルタントという職業について聞くと、「転勤が多そうだ」感じるかもしれません。というのは、建設コンサルタントはいろいろな自治体を顧客として公共工事を請け負うことが多いからです。一つの市町村や都道府県だけではなく、時に国からも事業を受注してプロジェクトを行っていきます。そんな時にはかなり遠方へ、もしかすると海外への転勤を命じられることもあるかもしれません。もしお子さんの学校のことなどを考慮して転勤なしの求人を探したいという方は、どうしたら見つけることができるのでしょうか。

建設コンサルタントにおける転勤なしの求人は、インターネットなどを探すとすぐに見つけることができます。実は転勤なしという求人を掲載している建設コンサルタントは意外に多く、タイミングによってはほとんどの求人が転勤なしを条件にしていることもあります。中には転勤はあるものの、引越しを伴う転勤はないといった求人情報も見られます。こうした求人情報を掲載している建設コンサルタントの多くは東京や名古屋、千葉といった都市圏にあるため、その県に住んでいなくても近隣の県から通うことが可能です。転勤なしを希望している方でも、比較的簡単に建設コンサルタントで働くチャンスを得られると見て間違いないでしょう。

ではなぜ転勤なしの求人が多いのでしょうか。それは建設コンサルタントの中に中小の会社が非常に多く含まれているからです。建設コンサルタントと聞くと大企業を思い浮かべる方もいるかもしれませんが、実際にはほとんどの建設コンサルタントが中小企業となっています。実際日本には4,000を超える建設コンサルタントがありますが、その中で大企業と呼ばれるのはほんの数百社程度です。あとの中小企業は地元に密着して、その地元に近い自治体や民間企業を顧客としています。ターゲットの顧客が地元にいるので、その他の場所に社員を異動させる必要がないのです。

転勤なしの求人の注意点が何かあるでしょうか。強いてあげるとすれば、大きなプロジェクトに参加するのが難しいということです。中小企業の建設コンサルタントの場合、地域の道路や建物といった公共事業を請け負うことが多くなります。もし大企業に入ってダムや橋梁などを作ることを夢見ていたのであれば、少し物足りなさを感じるかもしれません。転勤なしの求人を探すときにはそういったデメリットもあるかもしれない事を思いに留めて探してみてください。

建設業界の求人はココで探せ!人気の転職サイト!

  サービス名 利用料金 転職可能地域
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2014-2018 建設コンサルタント求人サイトランキング All Rights Reserved.