事務職採用の建設コンサルタント求人

建設コンサルタント求人TOP >> 条件別の建設コンサルタント求人 >> 事務職採用

事務職採用の建設コンサルタント求人

どの会社でもそうですが、事務職に就いている社員が数名から数十名います。これは建設コンサルタントでも違いはありません。確かに建設コンサルタントの場合は技術者が多く働いているのですが、だからといって事務職が必要ないわけではなく、建設コンサルタントの事務職の求人も見つけることができます。建設コンサルタントの事務職に就きたいという方は、どんな仕事が求められるのか、どのくらいの求人数があるのかをしっかり把握しておく必要があるでしょう。

建設コンサルタントに限らず、事務職は社員が気持ちよく働くための環境を整えることが主な仕事になります。具体的に言うと備品の管理やオフィス環境の整備、社員教育、雇用管理、社会保険の手続きなど、非常に重要な仕事もたくさんあります。こうした事務職に限っては特に土木・建設・造園の知識や技術が必要になるわけではないので、今まで建設業界で働いてこなかったという方でも比較的応募しやすい求人といえるでしょう。転職を考えていて、今事務職に就いているという方も仕事をしながら知識を増やすチャンスにできるかもしれません。

建設コンサルタントの事務職に就く場合には注意も必要です。というのは、事務職として入社しても他の業務を任されるということもあるからです。例えば事務職として働いているのに、図面のチェックや測量の補助など専門的なことに携わることもあります。さらにより一層仕事の幅を広げるために、資格を取ることが必要になるかもしれません。女性の方でも建設コンサルタントに就職してからプログラミングを覚えたり、測量・建設の資格を勉強して取ったという人もいます。建設業界に興味がある方であれば事務職としても楽しく仕事ができることでしょう。

ではその建設コンサルタントの事務職にどのくらいの求人があるのでしょうか。営業職などと同様、「事務職」としての募集はほとんど見つかりませんから、事務職の求人を見つけたければ総合職で検索するようにしましょう。総合職として建設コンサルタントに入ると、営業職や事務職など細分化された仕事をすることになります。多くの会社が応募者の希望を聞くと書いているので、入社するときに事務職が希望であることをしっかり伝えれば、事務系の仕事をすることができるはずです。もちろん専門的な知識があるに越したことはありませんが、多くの求人では専門的な知識が不要となっているので、興味があるのなら応募してみると良いでしょう。

建設業界の求人はココで探せ!人気の転職サイト!

  サービス名 利用料金 転職可能地域
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2014-2018 建設コンサルタント求人サイトランキング All Rights Reserved.